ホーム > 歴史

浜松南ロータリークラブの活動の歴史をご紹介します。

創立

ページの先頭へ

1965年4月8日、創立総会を開催し、同年6月24日、国際ロータリーより加盟認証を得て、静岡県で18番目のロータリークラブとして誕生。初代会長藤森陽吉を中心とするチャーターメンバー32名によりスタートした活動は、まずは会員相互の親交を深め、各種の奉仕活動を全員が分担する体制づくりに力を注いだ。創立当時は事務所がなく幹事の会社を事務所にしていた。高砂旅館が最初の例会場となった。4年後の1969年には会場をグランドホテル浜松に移し、事務所も置かれ小野田さんを職員として採用した。現在の曽布川さんは二代目で、1987年(諸川年度)からお手伝いをお願いして現在に至っている。1970年に遠鉄ボウリング2F(JN)レストラン(現在のホテルコンコルド浜松建設前)に例会場は移されたが、1973年に再びグランドホテル浜松となって以降は現在に至るまで同所を活動拠点としている。

初代会長 藤森陽吉

初代会長 藤森陽吉

創立総会集合写真

創立総会集合写真

創立初年度クラブ計画および目標の概要

創立初年度クラブ計画および目標の概要

国際ロータリー加盟認証伝達式(チャーターナイト)

ページの先頭へ

1966年4月17日、静岡県知事、浜松市長など多くの来賓に列席いただき、聴濤館 秋月台鳳の間で国際ロータリー加盟認証伝達式を挙行。当日はメインアトラクションとして航空自衛隊浜松基地にて航空自衛隊ブルーインパルスのアクロバット飛行、ヘリコプター訓練の見学も行われた。この様子は静岡新聞でも大きく取り上げられ、「航空自衛隊も"空"から祝福」の見出しとともに、浜松南ロータリークラブ誕生の喜びが多くの人々に伝えられた。

伝達式の様子

伝達式の様子

ブルーインパルスのアクロバット飛行

ブルーインパルスのアクロバット飛行

昭和41年4月19日付 静岡新聞

昭和41年4月19日付 静岡新聞

浜松北ロータリークラブの創立

ページの先頭へ

1970年4月9日、創立5周年記念式典の際、鈴木清蔵分区代理ノミニー浜松東ロータリークラブ(浜松南ロータリークラブ創立時の特別代表)より新クラブ設立の要請を受け、地域調査を経て浜松北部へのアディショナルクラブ設立に着手。浜松南ロータリークラブ初代会長である藤森陽吉が特別代表を務め、クラブ内に設立準備委員会を作るなど、浜松南ロータリークラブがスポンサーとなり設立準備を進めた。1970年10月、浜松北ロータリークラブ誕生。翌71年には、全国各地のロータリアン622名、来賓24名を招き、国際ロータリー加盟伝承伝達式が盛大に挙行された。

創立5週年記念例会であいさつする鈴木清蔵

創立5週年記念例会であいさつする鈴木清蔵

浜松北ロータリークラブ認証伝達式の様子

浜松北ロータリークラブ認証伝達式の様子

特別代表としてあいさつする藤森陽吉

特別代表としてあいさつする藤森陽吉

地区年次大会ホスト

ページの先頭へ

1981年11月に行われた地区年次大会では、ホストクラブとして、「国際障害者年記念募金」と「青少年功績者表彰」を提案。この2事業は大きな反響を呼び、青山R.I.会長代理より「青少年功績者のプログラムは誠に心温まる思いがいたしました」とのお言葉をいただくなど、大会を成功裡に終えた。

2007年~2008年度 第2620地区大会[沼津](2007年11月4日)2007年~2008年度 第2620地区大会[沼津](2007年11月4日)

2007年~2008年度 第2620地区大会[沼津](2007年11月4日)

2008年~2009年度 第2620地区大会[甲府](2008年11月16日)

2008年~2009年度 第2620地区大会[甲府](2008年11月16日)

社会奉仕

ページの先頭へ

青少年の育成強化を目的とした地域ボーイスカウトへの支援をはじめ、福祉施設への慰問、寄付や地域の清掃活動など、創立当初から幅広く社会奉仕活動を展開。時代の変遷とともに「浜名湖浄化運動」への参加、「浜松いのちの電話」への支援など、社会が抱える問題・課題の解決に役立つ活動を広げている。

ボーイスカウト浜松第10団に寄贈したテント(1967年)

ボーイスカウト浜松第10団に寄贈したテント(1967年)

道路清掃活動

道路清掃活動

浜名湖浄化運動

浜名湖浄化運動

国際奉仕

ページの先頭へ

創立当初は、ロータリーにおける国際奉仕の具体的な役割、仕事の研究に注力。また浜松南ロータリークラブの誕生を世界各地に広めるため、海外ロータリークラブに挨拶状を送り、バナーの交換に専念。海外ロータリークラブへの訪問、世界大会への参加に加え、会員個人が多くのクラブを訪問できるよう「友情の旅券」を配布するなど、国際親善・交流に努めた。現在では、姉妹クラブ、友好クラブとして5つのクラブと継続的に親交を深めている。

【姉妹クラブ】
ベルグラーノロータリークラブ(アルゼンチン・1975年姉妹締結)
九龍ロータリークラブ(香港・1993年姉妹締結)

【友好クラブ】
玉里ロータリークラブ(台湾)
レオネスロータリークラブ(アルゼンチン)
ナボタスロータリークラブ(フィリピン)

台湾玉里ロータリークラブ訪問(1979年)

台湾玉里ロータリークラブ訪問(1979年)

ナボタスロータリークラブメンバーによる例会訪問(1980年)

ナボタスロータリークラブメンバーによる例会訪問(1980年)

国際大会 台湾大会(1994年)

国際大会 台湾大会(1994年)

交換留学

ページの先頭へ

国際奉仕の一環として、国際交換学生の派遣や受け入れにも注力。設立初年度に行ったロータリー財団研究グループ第513地区からスミス団長以下5名の青年を招待し、次年度には浜松3クラブ合同でオーストラリアのタウンズヒルロータリークラブと交換留学を実施。その後、アメリカ・オハイオ州第669地区ウエルストンロータリークラブ、アルゼンチン・レオネスロータリークラブなど多くのクラブと交換留学を実施し、交流を図った。特に香港九龍ロータリークラブの紹介で1983年に始まった香港英華書院の学生招待は、「香港学生招待事業」として20年間にわたり続けた。また学生の派遣、受け入れに留まらず、創立10周年の1974年から毎年、米山記念奨学会への寄付も行っている。

組み合わせ地区交換学生反省会(1978年)

組み合わせ地区交換学生反省会(1978年)

香港学生招待事業(2003年)

香港学生招待事業(2003年)

交換学生受け入れ送り出し(2004年)

交換学生受け入れ送り出し(2004年)