ABOUT ROTARY

ロータリーとは

ロータリーの目的 h202

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある

  • ・第1 知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること。
  • ・第2 職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること。
  • ・第3 ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること。
  • ・第4 奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること。

四つのテスト

ロータリアンが生活や仕事の場面で常に覚えておくべき4つの問い、それが「四つのテスト」です。政治や宗教に関係なく、すべての人びとの倫理的指針となるこのテストは、100カ国語以上に翻訳されています。言行はこれに照らしてから

  • 1. 真実かどうか
  • 2. みんなに公平か
  • 3. 好意と友情を深めるか
  • 4. みんなのためになるかどうか

ロータリアンの行動規範

ロータリアンとして、私は以下のように行動する。

  • 1. 個人として、また事業において、高潔さと高い倫理基準をもって行動する。
  • 2. 取引のすべてにおいて公正に努め、相手とその職業に対して尊重の念をもって接する。 
  • 3. 自分の職業スキルを生かして、若い人びとを導き、特別なニーズを抱える人びとを助け、地域社会や世界中の人びとの生活の質を高める。
  • 4. ロータリーやほかのロータリアンの評判を落とすような言動は避ける。

「奉仕の心」国際社会、地域社会に対してさまざまな活動に取り組んでいます。 「奉仕の心」国際社会、地域社会に対してさまざまな活動に取り組んでいます。

浜松南ロータリークラブでは「奉仕の心」を広げるため、国際社会、地域社会に対してさまざまな活動に取り組んでいます。「姉妹」「友好」関係にある海外のクラブを通じた海外医療機関への支援、国際交換学生の派遣や受け入れなどのほか、地域の青少年育成や環境保全にも積極的に協力・参加しています。ここでは、近年の主な活動についてご紹介します。

中学生のための救急蘇生講座

浜松南ロータリークラブは、平成7年に発生した阪神淡路大震災の教訓の下、同年に導入された中学生の週休二日制を活用してスタートした「中学生のための救急蘇生講座」に賛同し、講座テキスト、実習教材購入に協賛しています。
この講座は、病院外で突然発生した「心停止」患者の救命に必要な正しい「心肺蘇生」と「AED」の知識を学外研修として教えるもので、浜松医師会を中心とする医師、救急隊、教育委員会が一体となって行っています。浜松市(人口82万)全区域の公立中学校48校と他2校の50校が参加し、平成23年度までに計557回の講座を開催。受講者は16,000人を突破し、16,816人を記録しました。当会会員も積極的に参加しています。

  • ・実施期間 1995年~2011年
  • ・講座回数 557回
  • ・受講中学生 16,816名

中学生のための救急蘇生講座

中学生のための救急蘇生講座

ph01

〈1〉中学校の教師、生徒は継続している講座をどのように受け入れているか

アンケート調査

教 師 生 徒
蘇生講座継続について
継続すべき 89%
(東日本大震災後は全校が継続すべきと答えています)
今回の経験から心停止を知ったとき「心肺蘇生」ができるか
できる  25.7%
頑張る  72.3%
できない  2.0%
「AED」を緊急時一人で使用できるか
できる  42.5%
頑張る  55.2%
できない  2.3%
(中学生は大人以上に緊急時の「救急蘇生」に熱心で積極的です)
教 師 蘇生講座継続について
継続すべき 89%
(東日本大震災後は全校が継続すべきと答えています)
生 徒 今回の経験から心停止を知ったとき「心肺蘇生」ができるか
できる  25.7%
頑張る  72.3%
できない  2.0%
「AED」を緊急時一人で使用できるか
できる  42.5%
頑張る  55.2%
できない  2.3%
(中学生は大人以上に緊急時の「救急蘇生」に熱心で積極的です)

〈2〉17年間の浜松市における救命率を見ます。バイスタンダーCPR実施率(現場でただちに行う心肺蘇生率)は1995年では12.1%でしたが2007年には全国平均を超え、2009年では49.3%と上昇。救命された人は、1995年の10倍以上に上昇しています。(下記図参照)

年度別救急蘇生講座受講生徒数
年度別救急蘇生講座受講生徒数
バイスタンダーCPR実施率の年次推移
バイスタンダーCPR実施率の年次推移
応急手当の必要性
応急手当の必要性
カーラーの救命曲線
カーラーの救命曲線
浜松市内における救急車及びドクターヘリ出動回数
カーラーの救命曲線

ph02

浜名湖浄化運動

「かけがえのない自然環境の保全」をテーマに環境改善に理解と関心を深めるため、浜松南ロータリークラブでは浜名湖浄化運動を支援しています。

浜名湖浄化運動

盲学校との交流

「浜松南ロータリークラブは、ブラインドボールを通して浜松盲学校の生徒と交流しています。「浜松盲学校OB・現役チーム」対「浜松南ロータリークラブチーム」の親善試合は毎回白熱の展開。お互い勝利を目指して戦うとともに、一緒に汗を流すことで親交を深めています。

浜名湖浄化運動

浜名湖浄化運動

ph04

「いのちの電話」支援

浜名湖浄化運動

人生の危機に立ち孤独や不安にさいなまれ、生きる希望や気力を失いつつある人に対して、電話を通して適切な援助を行う「いのちの電話」。
浜松南ロータリークラブでは、「地域内の人々、特に自分たちの身近にいる不幸な方々に手を差し伸べたい」という思いから、20年以上にわたって活動を続ける「浜松いのちの電話」への支援を行っています。

人生の危機に立ち孤独や不安にさいなまれ、生きる希望や気力を失いつつある人に対して、電話を通して適切な援助を行う「いのちの電話」。

浜松南ロータリークラブでは、「地域内の人々、特に自分たちの身近にいる不幸な方々に手を差し伸べたい」という思いから、20年以上にわたって活動を続ける「浜松いのちの電話」への支援を行っています。

FOR MEMBERメンバー向け

浜松南ロータリークラブ
【連絡先】
グランドホテル浜松 〒432-8507 浜松市中区東伊場1-3-1
TEL:053-413-6107
Copyright © 2018 Rotary Club of Hamamatsu South.
All rights reserved.

pagetoppagetop